スポンサーリンク

 

ahaikyo01

ロングビーチ港の一角にある廃墟の街

ロングビーチの港を歩いていたら、誰もいない街に迷い込んでしまった。

 

ahaikyo02

遠くからカモメの鳴き声と低い汽笛の音が聞こえてくる。  

 

ahaikyo03

確かここは、前に一度来たことがある。

 

ahaikyo04

写真を撮りながら、パティオの前でぼんやり思い出した。ここはヨーロッパの町並みを再現したテーマパークで、一度家族で来た事がある。その時はとてもにぎやかで、真っ直ぐに歩けないほどの人気ぶりだった。そしてこの角の店で食事をした。
 
あれから経営が悪くなり、閉鎖されてしまったのかもしれない。まだ廃墟といった雰囲気はないけれど、再興するような感じもない。このまま朽ちていくか、ある日突然取り壊されてしまうのだろう。自分以外に誰もいないと言うのはとても淋しくて、逃げ出したい衝動に駆られる。
 
だいぶ前に牧瀬里穂主演の映画で「ターン」と言うのがあったのを思い出した。彼女は事故に遭い、目が覚めない意識の中で誰もいない街に一人取り残されてしまう。それに似たような感覚だろうか。
 
いつか廃墟の建物やテーマパークを撮りたいと思っていたけど、人がいないだけで恐怖を感じてしまう私には無理だと思う。 (オバケは怖くないオバケは・・・でも銃を持った男が現れたらやっぱ怖いよ)

スポンサーリンク