1980年型SR500 リアショックアブソーバーの修復(分解と現状チェック)


asr400sus01

可動しているSR500は、元のオーナーが社外パーツのショックアブソーバーをつけてあるので、できればオリジナルパーツに戻したいと思っている。それでパーツ用のSR500からこれを取り外してきた。ショックアブソーバーは消耗品なので、もしこれが使えないのなら新たに買うことになるのだけど、日本のSR400で程度のよい中古が手に入るのであまり深追いはしない。まずは使えるかどうかの判断をしたい。

 

asr400sus02
 
まずは分解してコンディションの確認。スプリングコンプレッサーをもっていないので、身近にあるものでスプリングを取り外す。用意するのは太目のドライバー二本とホースクランプ。二本のドラバーを向かい合わせて、アブゾーバーのシリンダーを傷めないようにクランプで軽く留める。

 

asr400sus03

ヤマハSR400&SR500 ショップアブソーバーを板切れで分解!

二本の角材と適当な板切れをシーソーのように組む。あとはその上に座り、テコの原理で角材を押し下げるだけ。

 

asr400sus04
 

お尻でストロークを調整しながら角材を押し下げる。指を挟まれると大変なのでラジオペンチでストッパーを取り除く。この作業は二人でやった方が安全で簡単だろう。

 

asr400sus05

ヤマハSR400 & SR500 カヤバショック分解

パーツの並べ方がメチャクチャだけど、分解したパーツは全部でこんな感じ。

 

asr400sus06
 

まずスプリングのストッパー、サビでメッキが浮いている。

 

asr400sus07
 

キャップの外側は磨けばどうにかなるけど、内側のサビはかなり進行している。

 

asr400sus08
 

それに穴も開いてるし、端っこが切れている。

 

asr400sus09
 

スプリングの調整リングは、油汚れとサビが少し。

 

asr400sus10
 

スプリングの外側は良好だけど、内側全体にサビが広がっていて一部はメッキが剥げている。

 

asr400sus11
 

最も気になるアブゾーバーは、フルストロークでダンパーが効いていた。さびを取り除いてリペイントすればまだ使える。35年前のものなのでスカスカだと思っていたけど、カヤバさんすごい。このまま修復作業を続行。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。