スポンサーリンク

 

イーベイからバイクのグローブを買った。7ドルだった。送料込みでこの価格って驚き以外のなにものでもない。オークションに掲載されていた写真にはアイコンの事は何も書かれていなかったが、例え中国からだとしてもホンモノっぽい。あるいは正規品の横流しとか・・・。

 

スタンダードとメッシュがあって、これはメッシュタイプ。本革である。とても滑らかで質感もはめ心地もグッド。

 

タグの説明を読んでサイトにアクセスするとiCONのパスーツ・タッチスクリーンと言う商品。iPhoneを操作してみると文字入力といった細かい作業は無理だけど、グーグルマップのナビくらいなら操作できる。普通に買うと85ドルはするらしい。

★アメリカ・アイコンの公式サイトはこちら!
http://www.rideicon.com/gear/mens/gloves

 

樹脂製のインナープロテクターがナックルの部分を違和感なく保護してくれる。シンプルで控えめなデザインも気に入った。そしてハンドルバーとの一体感を感じられるグリップ感がうれしい。

 

でもこれがダメなんだ。笑っちゃうけど左と右でサイズが違う。

★オークションではトラブルはよくある話し
★取引相手との交渉は感情的にならないように進める
★リスクは前もって考慮しておいた方が懸命

このセラーさん何千というフィードバックがあるし、きっとこのグローブも何百も売ったと思う。なんでこんなミスが起きるんだろう。で、なんでオレなん?

早速、セラーへコンタクトをとって返品もしくは交換をリクエストする。とうぜん納品ミスは販売者側の責任なので返送費用はセラー持ちで、交換の場合でも一切の追加料金は払いませんとこちらの意向を伝える。

しかしセラーは「その商品をあげるから、そのかわりに商品代金の一部を払い戻します」ときた。

「はっ?」

左と右でサイズの違うグローブをただで貰ってもうれしくもなんともない。もし両方ともSサイズとかXLサイズなら再販するとか、ニットの手袋と重ねて冬用のグローブとして使えるかもしれないけど・・・。

はっきり言って役立たず。それに肝心のいくら払い戻すかは一言も書いてない。

何度かやり取りするうちに、このセラーは前向きに問題解決しようとしていないのに気がついた。もしかしたら払い戻すと言っても半分も返してくれないかもしれない。正直そんな高い買い物でもないし、このままあきらめる手もある。

一方で、セラーに悪い評価を入れて報復してやろうと思ったがやめた。双方が感情的になると気分が悪いし問題解決の障害になるだけだ。

そもそも、オークションではこの手のリスクは時々発生する。とりあえずは商品代金をいくらか返すと言っているのだから、それを受け入れる覚悟をしておいて、クレームの準備を粛々と進めた。

アカウント内のメールでやり取りを行い、その記録と写真が残るようにしながら、この問題の本質はそちらのミスであり、バイヤーに責任を押し付けるのは理解できないと伝え、間違った商品の交換に応じないのはイーベイの規約に反すると交渉を続ける。

相手は中国人だと思うが、英文のコミュニケーション力はこちらより高い。

めげずに自分のミスを認めて交換しなさいと伝える。押し問答を続けながら、このまま対応を拒否するならディスピュートを起こしますと最後通牒。

しばらく返信がないまま時間が経過。

トラブル発生から一週間ほどして7ドルがペイパルに返金された。返送方法と返送代金がどうなるのかは、まだ決まっていない。このことについて、イーベイがどこまで関与してくれるのか分からない状態でこの問題は継続している。

イーベイは、実店舗やオンラインストアで手に入らない商品を買うことができる。おおむね価格が安いので何か必要なものがあるときはイーベイを先にチェックすることもある。

でも届いた商品が実際の写真と著しく異なっていたり、もともと壊れていたり、配送中に破損する場合もある。特に取引経験の少ないセラーは梱包がヘタである。

今回のように支払った代金を回収できる場合もあるけれど、まったく回収できない場合もある。もちろんこちらの主義主張は通すが、セラーの対応やイーベイの判断で期待する結果がでない場合もある。

つまりリスクをどこまで受け入れるかだと思う。

失敗する取引もあるけれど、取引全体を見ればおおむね得していることが多いので、あまり深追いはしないようにしている。あとは高額になるような取引は避けるべきである。他にも格安で手に入れた商品があるのでまたブログに書きたいと思う。

スポンサーリンク