スポンサーリンク

 

モノクロームなアングリーキャット

前から気になっていたが、過去記事を整理しながら気がついた。

ときどきこのブログが表示されていないことがある。知らなかったが瞬間的にアクセスが増えるとサーバーからの制限がはいるらしい。それがどうも外部からのアクセスだけではなく、作業している本人もアクセスの対象になるので必然的に更新や編集ができなくなる。

このブログは、NTTの「Bizメール&ウェッブエコノミー」のレンタルサーバーを使って、ワードプレスで運営している。以前、サイトがダウンしたことがあって対応をお願いしたのだが、「こちらのサーバーには異常はないので、そちらの問題では」と言われただけで、なんのアドバイスももらえなかった。

結局は、ネットを調べて「phpMyadmin」のファイルを復元してどうにか復帰することができた。というかせめてそういうサポートかアドバイスがあればいいのにと思う。復元って言うとなにか変な作業をしたと思われるかもしれないが、普通に記事を更新していただけである。

それから「Bizメール&ウェッブエコノミー」の料金は一ヶ月1,500円なので、安いと思う人もいるかもしれない。以前使っていたサーバーは3,000円だったのでそれに比べれば格安であるが、現在は1,000円以下で使えるレンタルサーバーが普通にある。さらにマルチドメインに対応してくれるところもあるので、たとえば仕事と趣味の二つサイトをまとめれば、ひとつのサイトが一ヶ月500円となる。

「Bizメール&ウェッブエコノミー」は、個人経営のお店や会社の紹介ページみたいに、こんなことしてますって挨拶代わりに使う分には問題ないと思う。でも記事が蓄積してくるようになると次第に動きが遅くなる可能性があることに注意したい。

例えばサーバー容量150GBいっぱいまで使ったら、それなりにアクセスも増えるだろうから瞬間的に表示される制限を越えてしまって、逆に見てもらえないと言うことになる。もしオンラインショップだったら大勢の人に見てもらうことが前提なので、制限がかかると売り上げアップには繋がらない。ちなみにこの趣味ブログは150GBの数パーセントしか使っていない。

もし、レンタルサーバーを使って自分サイトを作りたいと思う人がいたら、大手だからというだけで選んだりせず視野を広げて選ぶことをおすすめしたい。このあとどのサーバーに引っ越すかはまだ決めていない。

「Xサーバーに引越ししたよ」