スポンサーリンク

 

img_6095

夕映えに消えてゆく遠景の山並みをタイムラプスに撮りたいと丘を登ってきた。

突然思い立って来た割にはなかなか良いロケーションだなと思いながら、三脚とカメラをセットアップする。およそ1.3秒で一枚シャッターがきれるので、40分くらいは連写できるはずだ。あとはまったりと日が暮れるのを待てばいい。

 

dsc04364

ここは、昼間ならジョギングや自転車でやってくる人も多いのだけど、夕暮れになって誰も来ないと思っていたら、けっこうギャラリーがやってきて、みんな丘の反対側に向かっている。

 

dsc04366

カメラをセットアップしてしまったし、いまさら移動しても日没には間に合わない。でもやっぱり気になるので可動中のカメラを置いたまま、もう一つのカメラを取り出して丘に向かって走り出す。まったりのはずが、なぜか猛ダッシュの展開へ。

 

dsc04368

「うわっ、オレのバカ」

こっちが絶景ポイントで、しかももう日没ぎりぎりだよ。最初からこっちに来るべきだった。いまさら三脚を取りに戻るわけにもいかないし、体力的にも無理、致命的な判断ミスだわ。

 

dsc04370

それにしても自宅から車で十分くらいのところで、こんなにも美しい夕焼けが見れるとは思いもしなかった。

 

dsc04380

ファインダー越しに、地球の自転を見て取れるこの瞬間が切ない。ゆっくり目を閉じるようにシャッターを切る。

 

dsc04383

そして今日の一日が静かに消えていった。

 

dsc04387

日が沈めばギャラリー達もとぼとぼと帰り始める。こちらは空に向かってカメラを構え、UFO?を呼んでいる女性二人組。

 

dsc04393

うまく来てくれただろうか。

 

dsc04400

カメラと三脚を片付けながら、気がつけば三日月と一番星が空に輝いている。

 

dsc04396

で、肝心の夕映えに染まるはずだった山並みタイムラプスは、カメラ設定が悪くて景色が暗くなっていくだけの画像だった。それでも、息を切らしながら夕日に向かって走っていったのは良かった。青春ドラマの意味が少し分かったような気がする。

スポンサーリンク