ダンボール箱におさまるKOKORO


ダンボール猫こころ

ダンボール猫KOKORO

最近、KOKOROは一日の大半をこのダンボールの箱の中で過ごしている。

何気に空き箱を机の上に置いただけなのに、すぐに気に入ってしまった。もう窓際から外を見ることも、昼寝をすることもなくなってしまった。 もしかしたら悪い事してしまったのかと思うのだけど、今さら取り上げるわけにもいかなくて少し困っている。他にも箱はあるのに、きっとこのサイズで適度な深さが気にっているのかもしれない。

秋になってもう少し寒くなったら毛布を入れてあげようと思う。硬い角よりは頭を乗せるにも調度いいはずだ。それとも余計なおせっかいで、二度と入らなくなってしまうかもしれない。

「どうしたらいいですか」と聞きたいが知らん振り。 それにしてもたかが猫一匹で、なぜこんなにも気苦労するのだろうか。猫とは不思議な生き物である。知らない間に人間が下僕となってしまう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。