スポンサーリンク
nekome01

Cracks on the eyeglass lens.

私のメガネには、無数のヒビが入っている。このメガネをかけると目に縦線が入るのでネコ目になる。だからこのメガネを猫メガネと呼びたい。

妻は「危ない人」と思われるので早く買い換えろと言っている。べつにネコ耳のカチューシャを着けて歩いている訳でもないので、人目は気にしないが、夜間の車運転では対向車のライトが乱反射して少し具合が悪い。

 

nekome02

バックを変えてヒビ割れの具合を撮影してみる。

このヒビは今回が初めてではない。実はメガネを新調して一週間でヒビが入った。そのときはすぐにレンズを取り替えてくれたのだけど、それでも2年目あたりからまたヒビが入ってきた。 これってプラスティックなので、たぶん成型時にストレスが残った状態のまま製品になったのだろう。つまり不良品である。

さすがに今回は無料交換というわけにもいかないので、レンズ交換でいくらになるのか聞いてみると、店員さんは「290ドルになります」と涼しそうな顔で答える。さらに他のレンズメーカーは扱っていないとのたまう。

あはは、さすがに290ドルでまた同じレンズを買おうとは思わない。確かウォルマートで38ドルのキャンペーンがあったはずだけど、残念ながらすでに終了していた。

 

nekome03

それで今回はじめてオンラインショップにメガネを注文してみた。
http://www.goggles4u.com/

レンズ交換ってのはできないので、フレームも新調する事になる。フレームが驚きの6.95ドルで買えるのかと思っていたら、なんとレンズ込みでこの値段なのでさらに驚いた。

 待て待て、例えば6.95ドルのメガネって一体なんなんだ?

まさかの牛乳ビンの底みたいなレンズかもしれない。あるいはぜんぜん目に合わないかもしれないし、道を歩いていてレンズがポロっと外れるかもしれない。

 

nekome04

でもこれだけ安ければダメ元とあきらめられるし、ブログのネタにもなると思う。とりあえず注文を進める。レンズの度数などは検眼した際にもらうアイ・プリスクリプションを元に指定する。特に難しい事もなくコンタクトレンズを注文するのと同じようなものかもしれない。

 

nekome05

今回注文したのはこのメガネ!

フレームのないすっきりタイプなので、極厚レンズだったとしても見た目が悪いと言うこともないと思う。これに反射防止のコーティングを追加しておよそ15ドル。カリフォルニアまでの送料を加えても全部で19ドルだった。

はたして牛乳瓶レンズのメガネが届くのか、あるいはレンズの度数が合わずに日常生活に使えないのか、届くのが楽しみである。この経過はまたブログにアップしたいと思う。

★続きの記事はこっち!