スポンサーリンク

 

桜は春に咲く。日本の春は別れと出会いの季節でもある。
学校を卒業し、新たな学年が始まり、そして社会へ旅立つ季節です。
桜はずっと昔から、人々の別れと出会いを見つめてきた。

 

福岡県朝倉市秋月は「九州の小京都」といわれている。歴史の深い城下町である。

 

およそ500メートルの通りの両側には、200本以上の桜の木が並ぶ。
毎年4月の始めには「秋月春まつり」が行われます。

 

 

ビデオにはこの土地の自然と古くからこの街に住む人達が育んできた幻想的な光景が広がります。

 

スポンサーリンク