スポンサーリンク

 

日本の長崎県にある端島は、かつて海底炭鉱の都市として栄えていた。
端島を海上から見ると日本海軍の戦艦土佐に似ている事から「軍艦島」と呼ばれるようになった。

 

この島の最盛期には5259人の住民が暮らしていたが、1974年に炭鉱は閉山となった。

 

今ではもうだれも住む人は居ない。2015年にユネスコ世界文化遺産に登録されている。

 

映像は、まるで映画の中に迷い込んだような錯覚を覚える。廃墟の都市を叙情的に描写されたシーンが続きます。

 

スポンサーリンク