半年くらい前だったと思う。「国を離れて日々雑感」と言うカテゴリとその記事を全部消した。最初はアメリカで生活していて、自分が感じている事をつらつら書き綴っていたと思う。

そのうちに政治や環境問題などに関する思いや意見を書くようになって、気がつくと不平不満の発露になってしまってたり、あるいはそれに同調してもらう事を変に期待するようになってしまった。

後で読み返すとそれは自己欺瞞であり、個人的な不満を公憤に訴えようとする行為にも思えた。まあ、そんなに読者がいるわけでもないし、なにか影響があるわけでもない。要するに「ごまめの歯軋り」になっていて、恥ずかしくなってしまった。

ブログを個人的な日記とするならば、公開するのも変な話である。学生の頃に読んだ本の中に「人に見られる事を前提とする日記は日記ではない」と言うような事が書いてあった。その著者?である女性は日記を残して若くして死んでしまうのだけど、結果的に人に見られる事を前提としない日記が、遺族の意向で本になった。

当時は映画にもなったらしいので、その影響は小さくなかったのだと思う。たぶんその女性が書いていた日記は、公開される事で現代のブログに該当するようなものになってしまったのだと思う。哲学的に、あるいは赤裸々に日々を綴っていた彼女が、現代に生きていたらどんなブログを書いていたのだろう。双方向に意思が伝わるネットがあれば生きていたのかもしれない。

・・・・とこんな風に突然思い出したことや、何年後かはどうしているのかなんて期待や不安など、頭の中に浮かんでくる文字をダラダラと書いていきたいと思う。当然、後で読んでみてまたヘンな事を書いていたら、黙って削除するという反則的カードを切ってやろうと思っている。