スポンサーリンク

 

voice01

居眠りしているネコの写真(練習用)

外出先で手持ち無沙汰の待ち時間があったので、スマホからブログの投稿に挑戦してみた。文字の入力は気をタッtチキーを使わずに音声入力を使っている。音声入力は時々誤変換をしてしまうが、手入力よりは楽である。しかしスマホに向かってしゃべっている姿は端から見ると明らかに変に見えるだろう。

ここまで入力していつの間にかブログが公開されていたのに気がついた。なかなか思うように操作できない。ごめん途中で諦めるかもしれない。

誤字脱字が見られるがこのまま進めて、後で家に帰ってから訂正したい。旅ブログなどで現地から現地からリアルタイムで記事を更新してている方が方いるけど、なかなかできないことだと思う。

写真は使いなれているアプリで編集とリサイズを行った。フレーミングなどの細かい編集はできないが普通に記事に載せる分には問題ないと思う。

まだ出来上がっていないのにナイス入れてもらいありがとうございます。まだ他の写真作業とかしているので関西関西関西関西関西関西関西関西関西完成していないのに後でするまで時間がかかります。ここまで書いていや入力してもう二度とスマホからの投稿はやめようと考えている。

 

voice02

ヤフーブログの記事投稿の画面

これがスマホの入力画面でいつも使っているPCと同じ。すまほー専用の入力画面もあるらしいけれどいつも使っている方法を選んだ。

 

voice03

iPhoneの音声入力の画面

これが音声入力の画面なんだけど、沖縄訛りなまりのある私の発音が悪いのかなかなか聞き取ってくれない。たぶん標準語仕様だと思うけれど関西弁はどうなるのだろう。わかってへんやろ。あんたアホちゃう。もうかりまっか。ふーん、一応関西弁は厨クリアクリアーしてるみたい。

上上雨男は気がついたらもう時間がなくなったまるまーる。後でまた描き直します。ごめんなさい」

【追記】

家に戻ってきてラップトップから書き足しています。ちゃんと書き直そうと思ったけどやめた。ある意味スマホ投稿の悪い見本なので、やってみたいと思う人の何かの参考になるかもしれない。

はっきり言うけど、二度とスマホからブログ投稿なんてしない。
書き始める前は、「ほーら、オッサンでもスマホからこーんなにスマートに投稿できるんだぜ」 みたいなストーリーを描いていたけど見事に撃沈。写真三枚と変な文章に丸一時間を費やして、気がついたら首と肩がガチガチに凝ってしまっていた。

「音声入力なら女子高生のフリック入力にだって負けるもんか」なんて考えていた事も浅はかだった。たぶん私が音声入力を完全にマスターしたとしても、あの文字を入力しているんだか、スマホ画面を磨いているのか分からない動きには勝てないだろう。

それから私みたいな口ベタな人間が話を進めながら文章をまとめるなんて、無謀以外のなにものでもない。考えながら文章をタイプする速度と話す速度は別なのだ。きっと話し上手な人なら最初から最後まできちんとした文章構成で仕上げることができるだろう。

それにしても私の日本語の発音を聞き取ってくれないのにはムカついた。
私は「完成」(かんせい)って言っているのに「関西関西関西・・・」って表示にイラっ、もう少しでスマホを地面に叩きつけるところだった。(スマホ投稿はとてもキケンである)