スポンサーリンク

 

 

楽天ブックス

商品説明

【内容情報】(出版社より)
滋賀県内はもとより全国で季節感のある鉄道写真を撮り続ける写真家・清水薫のファースト写真集。

ライフワークとして撮影した四季折々の湖西線の写真を中心に、滋賀県内を駆けた列車を収載。また2017 年4月は、湖西線が国鉄からJR に移管して30 年。この30年間に滋賀県内で活躍したJR、私鉄、第三セクター鉄道の列車車両を写真で一挙掲載。

湖西線の春夏秋冬
10路線の四季
湖国を駆ける列車たち

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
滋賀県のど真ん中に位置する琵琶湖。その周囲を取り巻く湖西線と10の魅力的な鉄道路線。

フリーランスの写真家になって20年以上にわたり、湖西線を皮切りに県内各地を走るJR、私鉄、第3セクター路線の列車を四季折々の自然豊かな風景とともに作品化してきました。また、今年は奇しくもJRが開業して30年の節目の年にあたります。

本書では、各路線で撮影してきた作品に加え、この30年間に県内を駆け抜けた列車、車両たちの写真をページの許す限りまとめました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
湖西線の春夏秋冬/10路線の四季/湖国を駆ける列車たち(東海道新幹線/JR東海/JR西日本/JR貨物/近江鉄道/京阪電鉄/信楽高原鐵道)/収録写真撮影場所地図

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清水薫(シミズカオル)
1963年滋賀県草津生まれ。関西大学卒業後、電機メーカーに入社するも30歳の時にフリーランスの写真家へ転身。フォトグラファーとして鉄道、特に湖西線を中心に撮影を始める。

現在、月刊誌『鉄道ファン』などの鉄道雑誌や書籍、カレンダーなどの写真を撮影するかたわら、大阪、名古屋、京都などで写真教室の講師を務める。また、清水薫レイルウェイフォトオフィスの屋号にて、滋賀県を走る鉄道を題材にカレンダーやグッズを製作・販売(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)