死後の世界があるとかないとか、輪廻転生とか今ひとつピンと来ないのだけれど、幼少期にさかのぼり、可能な限りの記憶をたぐり寄せると、自分は何処からやってきたのかという疑問にぶつかる。私達は生物学的にただ偶然に生まれてきたのだろうか?