スポンサーリンク

 

akyho01

アメリカで現地生産されている巨峰は、そのまま「KYOHO GRAPE」と呼ばれている。値段は大き目のパックで5ドル前後なので、なかなかお買い得だと思う。それにホームセンターに行けば苗も売っているので、今度庭に植えてみたいと思っている。

 

akyho02

日本の巨峰に較べると一回り小さめで、色は少し赤っぽい感じがする。味はと言うと当たり前すぎるくらいそのまま巨峰である。甘くてジューシーで濃厚。

 

akyho03

巨峰を食べているとイライラしてくる。例えばの巨峰の食べ方!

皮をツルンとむいて口に入れるのはいいのだけど、口の中で種と実を選別して、さらに種を口に出すって作業が面倒くさい。それに口の中でモゴモゴしている間にすっかり巨峰を味あうことがおろそかになって、気がついたらノドを通過している。そこで思いついたのが前もって包丁で半分に切り、種を取る方法。

 

akyho04

皮のところをもってプルンと身を押し出し小皿に落とす。この面倒な作業をおよそ30分くらい続ける。

 

akyho05

作業している間も巨峰の甘く透き通った香りに惑わされそうになるが我慢する。

 

akyho06

カップ一杯になったら、スプーンですくって口の中に運ぶ。怒涛のような甘さと香りに我を忘れ恍惚となる。気がつけばもう実がなくなっていて、最後はカップに残った汁をジュジューっと飲み干す。この間およそ30秒。巨峰のシアワセって一瞬だ!

スポンサーリンク